■みいつけた!放送時間

みいつけた!
 >>月~金曜日
  午前 7:45~8:00
  午後 4:55~5:10[再]

みいつけた!さん
 >>毎週日曜日
  午前 7:25~7:55
  (最終週はお休み)

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ

■検索フォーム

■プロフィール

みっけ!

Author:みっけ!
「みいつけた!」を
こよなく愛するみっけ!です。

育児の傍ら、
ブログを更新していきますので
また遊びに来てくださいね♪

■最新コメント
■アマゾンでみいつけた!

■楽天でみいつけた!

■カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
1月6日◎今日のみいつけた!
コッシーとスイ..
 コタツに入ってくつろぐスイちゃんとサボさん。
 そこへやってきたコッシーが、お外で遊ぼうと誘ってるよ。
 でも外の寒さに二人はなかなかコタツから出られないみたい。
 
 温かいココアをスイちゃんに運ぶコッシー。
 ココアを飲んだスイちゃんは、体が温かくなって
 ついにコタツから出たよ。
 外であそぼうー!
 コッシーの作戦、大成功だね。

 そこへやってきたサボさんは、
 ちゃんちゃんこにマフラーや手袋などいっぱい着込んでいるの。
 寒くなくなったのでスイちゃんと鬼ごっこしてみたものの
 着膨れして動きにくくついに転倒。
 いっぱい着るのは思うように動けないのでダメみたい。

 そこでコッシーはラジカセでサボさん曲を流してみたの。
 曲が流れてきたの自然に歌いだしたサボさん。
 歌って踊っているうちに寒さが飛んでっちゃった。
 またまたコッシーの作戦が大成功だったね。  


 思い切って外へ出た3人が見たのは、一面積もった雪。
 雪だるまが作ることにしたよ。
 寒いけど外に出たらとっても楽しかったね。


おててえほん

 作:きくちはるくん

  男の子はお菓子の国の王さまでしたが
  綿あめを食べたことがありませんでした。

  ついに綿あめを食べようとしてました。
  それで冷蔵庫を開けてみたら綿あめがありませんでした。
  
  何かの足跡がありました。それを辿るとネズミでした。
  ネズミにコラーと言おうとしたけどそのネズミには赤ちゃんがいました。
  だから「しょうがないな」とお城に帰って行きました。


いすのまちのコッシー/デテコイス×カブママ

 森に住むカブのお母さんは4000歳。

 森の池や沼は、カブママがジャンプしたら出来、
 リングリは、リンゴ1000個とどんぐり1000個を
 カブママが食べたら出来たんだって。

 カブママの後ろに回るとドアがあって
 中からカブが出てきて「いらっしゃい!」ですって。


よんだ?
 動物がクシャミをしたらどうなるかやってみよう!

  ライオン、ブタ、ウグイス、カンガルー


コッシーをさがせ
 椅子がたくさんある博物館にコッシー発見
 
 ※場所は、株式会社岡村製作所さんのいすの博物館でした。


インターミッション×いすのまち
 いすのまちの温泉



クルットさんのものができるまで
 はさみ



エンディング うた「わーっ!」 
 作詞・作曲・歌:トータス松本さん
 ※歌詞はこちら 




新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

新作週でございます。
寒くて外へ出たくない気持ちはよーーーく分かります。
とくにサボさんは、同じ大人として共感できますよね。
防寒して外へさえ出てしまえば楽しめるって言うのもわかるわかる。
みんな(サボテン含む)一緒ですね。


デテコイスのカブママは初登場。
まだまだ謎の多いキャラだったので、
デテコイスで紹介してもらい、新たな発見がありました。
にしても裏側がドアになっているとは!
4000歳はダテじゃない。


あ、1月1日放送のお正月スペシャルのレポがまだですみません。
見るだけ見て、記事が書けていません。
個人的には、かなり面白い内容だったので当たりでした。
新曲「ふたりはさかさま」も良かったですよね。
コッシーとスイちゃん二人で歌うというより、
コッシーがメインで歌い、
スイちゃんが最初から最後まで激しく踊っていました。


最後に今後の放送予定です。
1月6日の週 ⇒ 新作
1月13日の週 ⇒ 新作
1月20日の週 ⇒ 1月6日の週の再放送
1月27日の週 ⇒ 1月13日の週の再放送


(本日の放送は1月20日に再放送される予定です。)
関連記事


番組レポ | 08:55:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。